発毛に必要な要素を知る

髪の毛

髪の悩みを解消する方法

近年AGA治療の側面が高まると、今までは医療で捉えられることのなかった薄毛が、脱毛症という症状として考えられるようになり、とくに20代から50代と比較的若い世代の薄毛で悩む人に提供できる医療としてクリニックなどで治療が行われるようになりました。この医療では、主に薬物を用いた方法が多く、フェナステリドなどの発毛促進剤が使われます。ただ、この治療の特徴として、抜け毛が進むメカニズムであるテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンという悪玉物質に変換されることをシャットダウンする目的があり、この作用により正常なヘアサイクルとなると再び髪が生えてくるという方法で治療が進められます。ただ、この方法の懸念として副作用が出ることがあり、同じ作用を育毛剤に頼る人も多く、そのことから様々なメーカーから育毛剤が発売されています。

効果を得るため正しい知識

AGA治療が進んだことは、育毛剤市場にとってもっとも影響があったとされています。以前育毛剤の捉え方として怪しい側面が高かったのですが、この治療が行われるようになってから、育毛剤市場にも刺激が出て一気に市場を拡大しました。育毛剤の中には十分な効果が出るように研究されて市販されるものも数多くあります。そのため、しっかりと効果を得られるように正しい使用法や確かな製品選びが重要となります。誇大広告や高額な育毛剤の購入は期待外れとなることがあるので注意しましょう。いまはお試しセットやお試しサイズで販売されている育毛剤もあるので、まずはそれから使用感などを試してみるのもいいかもしれません。